薄毛の悩み

薄毛になってしまう4大要因とは?

知っておきたい薄毛の4大要因

薄毛の4大要因

どうして「薄毛」になってしまうのか?その原因はさまざまあるのですが、大別すると次の4つに分類されると考えられます。

原因①:「遺伝的要素」を原因とするもの。

「男性ホルモン」と「酵素」の2つを両親から遺伝として一定以上受け継いでしまった場合にこの2つが過剰に結び付く事によって、脱毛ホルモン(DHT)が生まれやすくなります。
これに関しては先天的な要因は少なくありませんが、親が薄毛だからといって諦めてはいけません。現代においては脱毛しやすい体質に合った正しいケアと対策によって、薄毛はかなりの確率で予防・改善することができます。

原因②:頭皮における「皮脂分泌過剰」

そもそも皮脂は髪や頭皮に適度な潤いを与えたり、頭皮や毛穴を保護してくれる役割を持つので無くてはならないものなのですが、その一方で、これが多すぎると皮脂と汗が混ざり合って毛穴を塞ぎ、新しくできた皮脂が毛穴の内側に溜まって固着力が低下し、髪が抜けやすい状態になります。
一般的なシャンプーでは髪の毛を洗う目的のシャンプーが多く、これでは頭皮をきれいにはできない恐れがあるので、きっちり頭皮の皮脂汚れを落とすには、専用のシャンプーを使用されることをおすすめします。
その中でも頭皮シャンプーは頭皮の皮脂汚れを落とすばかりでなく、頭皮の健康状態にも配慮された、抜け毛予防と薄毛改善には最適のシャンプーです。

原因③:現代の日本人にとっては避けることのできない「ストレス」によるもの

ストレスが自律神経やホルモンのバランスを乱し、血流が悪化。その結果、毛根に栄養分を十分運べなくなり、髪の毛が育たなくなります。

原因④:上記のストレスによる結果とも関連する「血行不良」

偏った食事や睡眠不足などの不摂生はもちろん、過度なダイエットによる栄養不足などにより頭皮の血流が悪化し、髪に栄養が行き渡りにくくなります。そして何より、血流を悪くするたばこのニコチンは薄毛の大敵です。

「禁煙無くして薄毛改善は無い」とも言われています。

当サイト管理人も1日に1箱程度のスモーカーだったのですが、車での運転中の喫煙を全て電子タバコに変える事によって、1日10本程度まで「減煙」させる事に成功させました。
車内のエアコンの空気もクリーンになるので、運転される方には一石二鳥でおすすめです。
とはいえ、なかなか最終目標の「禁煙」には及ばないのですが、本数を減らしただけでも体が楽になり、洗髪時の抜け毛も減りました。まずは「減煙」から始めてみるのはいかがでしょうか?

 

-薄毛の悩み

© 2021 男の悩み対策室