尿酸値の悩み

「尿酸値が高い」と言われたら痛風のリスクが高い?対策方法は?

尿酸値の悩み

一般的に尿酸値が高いと言われる目安は7.0mg/dlです。

この数値を超えると「高尿酸血症」と診断されます。ちなみに男女別の尿酸値平均数値は以下の通りです。

  • 男性:4.0~6.5 mg/dl
  • 女性:3.0~5.0 mg/dl

「高尿酸値症」になってしまうと、尿酸は全身を回っているため、目や腎臓など、色々な所に溜まります。

そして最も尿酸が溜まりやすいのは関節です。

尿酸が溜まって固まったものが「結晶」となり、この結晶が『痛風』を引き起こします。

「結晶」が血中にはがれ落ちる事によって白血球がそれを異物とみなして攻撃してしまいます。

その際に現れる症状として足が腫れあがり、炎症を引き起こします。

この炎症は『痛風関節炎』と呼ばれており、『痛風発作』と呼ばれる激しい痛みを伴う場合があります。

『痛風』とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎(痛風関節炎)を伴う症状になる病気のことで、それによる痛みの発作を『痛風発作』と呼びます。

アンセリンとは?

イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)の主成分で、近年、急激に研究が進められている成分です。

アンセリンは研究の中で、以下の項目が実証されています。

  • 抗疲労効果
  • 活性酸素消去能
  • 血糖値上昇の制御
  • 抗炎症作用
  • 尿酸値降下作用
『慈鳳』には高品質な海洋性アンセリンが豊富に含まれています!

海洋性アンセリンが慈鳳は25倍

アンセリン配合量を比べてください!
摂取推奨量の500mgがたった3粒にきちんと配合されています!
配合量・コストパフォーマンスで選ぶなら『慈凰』がおすすめです!

アンセリンサプリ『慈鳳』の成分配合量も公開されています。

慈鳳の成分配合量

当サイトから購入の場合、送料込の1,630円でお試し購入が可能ですので、是非この機会にお試しください。

『慈凰』お試しパック1,630円はコチラ

-尿酸値の悩み

© 2021 男の悩み対策室